高校生にも地域医療に目を向けた...      

今年度、地域医療を考える会は、高校生にも地域医療に目を向け、考えて貰う為に、様々な取り組みをしていきたいと思います。

先日、小林高校の土肥校長を始め、平教頭、探求科学コースの有村教諭に話し合いの場を設けて頂きました。
これからの地域医療を担う若者を、地域で育てていくにはどのような取り組みが必要かを現場の先生方から直に意見を頂けた事で、地域医療を考える会でも、今後、具体的に高校生に対してできる事が少しずつ見えてきたように感じます。

先ずは、医師や看護師、医療従事者を育てるというような専門的かつ、絞りこんだ事ではなくて、
現状の地域医療の状況、なぜ医療が地域にとって必要かなど、もっと入り口の部分から具体的に1年生、2年生、3年生とテーマを分けて取り組んでいきたいと考えます。

先ずは、本日、地域医療を考える会、会長坂口より地域医療の現状について、高校生にお話しを致します。
高校生からも、率直な意見がどんどん出ればいいなぁ〜

高校とのセッティングやフォローをして頂きました行政の深見さん、宮山さん、ありがとうございます。

Posted by | View Post | View Group